MENU

消費者金融の返済負担

消費者金融でのカードローンキャッシングは早くて便利と評判ですが、ネックとなるのは返済の負担です。消費者金融で借りると金利が低くないために毎月の返済が大きくなり、生活に余裕が生まれなくなってしまうと考えている、感じている方が多いです。

 

消費者金融の返済

 

しかし、実際には異なります。たしかに金利面に関しては消費者金融は決して低くはありませんが、毎月の返済金額の面だけで見ればそこまで大きくはありません。例えば消費者金融大手のプロミスなら、借り入れ残高が少なければ毎月の期日に支払う約定返済金額は少なくなります。

 

大きな金額を借りれば一度あたりの返済金額も大きくなってしまいますが、そもそもプロミスをはじめとする消費者金融は大きな金額での融資は基本的には行われないため、毎月に支払う返済金額事態も大きくなりません。

 

借りる金額が5万円以下ならプロミスの毎月の返済は2,000円、10万円なら4,000円と余裕のある計画で返済が進められるので、プロミスは返済に関して不安を感じる方でも安心して利用ができるのです。

 

借り入れ残高ごとの返済金額

5万円・・・毎月2,000円の返済
10万円・・・毎月4,000円の返済
20万円・・・毎月8000円の返済
30万円・・・毎月11,000円の返済
40万円・・・毎月15,000円の返済
50万円・・・毎月19,000円の返済

 

借り入れに関する基本を知っておけばプロミスだけでなく消費者金融での借り入れも安心ができるので、各情報をしっかりと見てから申し込みを進めると良いでしょう。

2017/08/15 09:45:15 |
借り入れ後の毎月の返済は計画性を持っていればそこまで負担とはならないはずですが、中には無計画に使ってしまって負担が大きくなる、ついついカードを使いすぎてしまって返済負担が増大してしまうといった方もいます。無計画に使ってしまった場合にはもはやどうしようもありませんが、ついつい使いすぎてしまった、出費が重なって使いざるを得なかったといった場合には、毎月の返済を見直す必要も出てきます。返済の見直しは借り換えとなり、今の借り入れ金利よりも低い利率で借りられるところ、毎月の返済が軽くなるところを選ぶのが基本です。そのためには金利が低い借り入れ先、毎月の返済負担が抑えられる借り入れ先を利用しなければならな...
2017/08/15 09:45:15 |
支払いの負担が分散できることで利用者が多いカードのリボ払いですが、便利である反面のデメリット、危険性にも注意をしなければなりません。リボ払いは一括で返済をしない分だけ手数料としての利息の支払いがあり、長期での支払いとするコースでのリボ払いとしてしまうとどうしても負担が大きくなります。かかる手数料は消費者金融でのキャッシングと同水準の利率ともなっているため、リボ払いは使いすぎれば返済負担が大きくなるのも当然です。負担が大きなリボ払いも、使ってしまったのであればその通りに支払いを進めて返済をしていくしかありません。カードを使ったのは自分自身であり、計画的な利用をしなかったのが悪いと反省をしながら大...
2017/08/15 09:44:15 |
消費者金融での借り入れは昔に比べると安心感が強く大きくなっているため、初めて利用をする方でも多くの方にとって頼れるサービスとなってきています。手軽さ、早さの面ではやはり消費者金融が優れており、最短30分で審査が終わる大手の消費者金融や、最短1時間での融資となる即日融資での対応など、消費者金融は急ぎの際にも頼れます。借り入れ先の手続き方法をしっかりと考えて進めれば平日だけでなく土日の当日中の融資も可能であり、週末にお金が必要になっても安心です。大手消費者金融の中には銀行系となるサービスもあるため、消費者金融で借りるのは何か不安を感じるといった方でも問題ありません。ただ、銀行系とは言っても消費者金...
2017/08/15 09:44:15 |
消費者金融の店舗は一昔前は多くの場所にあり、繁華街の雑居ビルの中には多数の消費者金融の店舗がひしめき合っていたものです。しかし、様々な要因から消費者金融の有人店舗は数を減らし、今では大手消費者金融のプロミスやアコム、アイフルでさえも数えるほどの店舗しかなくなっています。店舗の利用となると場所を調べなければならないことや、営業時間が契約機と比べて遥かに短く週末は休業となるため、どうしても下調べが必要となるのも面倒な部分です。しかし、店舗には店舗だからこその、無人の契約機にはないメリットがあるのも事実です。例えば、契約時にしっかりと相談や確認が行えるのは、担当者と直接向かい合って、対面をしての手続...
2017/08/15 09:44:15 |
プロミスのキャッシングは最短即日融資にも対応をしており、平日だけでなく土日でもその日のうちに借りられるようになっています。すぐに現金が必要でもプロミスならしっかりと対応ができるため、消費者金融の中でも人気が高くなっています。ただ、土日に当日中に借りるためには手続き方法を工夫する必要があります。平日の14時までならWeb契約で銀行振り込みによる来店不要の最短即日キャッシングを利用できますが、土日となると銀行自体が営業をしていないために振り込みでは利用ができません。土日に当日中にプロミスで借りるためには営業をしている時間内に契約機に行く必要があり、契約機でその場でカードを受け取り、プロミスのATM...