MENU

担当者がいる店舗だからこその限定メリットもある

消費者金融の店舗は一昔前は多くの場所にあり、繁華街の雑居ビルの中には多数の消費者金融の店舗がひしめき合っていたものです。しかし、様々な要因から消費者金融の有人店舗は数を減らし、今では大手消費者金融のプロミスやアコム、アイフルでさえも数えるほどの店舗しかなくなっています。

 

店舗の利用となると場所を調べなければならないことや、営業時間が契約機と比べて遥かに短く週末は休業となるため、どうしても下調べが必要となるのも面倒な部分です。しかし、店舗には店舗だからこその、無人の契約機にはないメリットがあるのも事実です。

 

例えば、契約時にしっかりと相談や確認が行えるのは、担当者と直接向かい合って、対面をしての手続きをするからこそのポイントです。無人の自動契約機でもオペレーターとの会話で相談や確認は行えますが、やはり対面をしての相談と受話器などでの会話では大きく異なります。

 

また、契約内容を無理のない範囲で調整ができるのも店舗の利点です。審査の結果によって決められた限度額が大きすぎる、借りすぎてしまう心配があるといった場合には、限度額を減額しての契約も可能となります。

 

その際には合わせて毎月の返済計画に関する相談も行えるので、店舗であればキャッシングの利用における安心感も大きく優れています。

 

プロミスの店舗はサービスプラザとして一部の地域に設置があり、各種相談のほかに店舗でなければ行えない契約内容の手続きも可能としています。他社からの借り換えとしての利用の場合には店舗での手続きが必要となる場合もあるので、利用の際には事前にしっかりと営業内容を確認しておきましょう。

 

関東地方なら埼玉県や東京都、神奈川県にプロミス店舗の設置がありますが、他地域となるとどうしても限定がされてしまいます。東北地方となると宮城県のプロミス仙台の店舗しか設置がないため、宮城県外の方では店舗の利用が難しくなります。

 

店舗が無い地域はどうにもならないので、その際には無人の契約機を使う手続きなどを考えてみるしかありません。それでもプロミスなら安心して利用ができるので、店舗でも契約機でもプロミスなら頼れる借り入れが可能となります。