MENU

負担が大きくなるリボ払いの返済には気をつけたい

支払いの負担が分散できることで利用者が多いカードのリボ払いですが、便利である反面のデメリット、危険性にも注意をしなければなりません。

 

リボ払いは一括で返済をしない分だけ手数料としての利息の支払いがあり、長期での支払いとするコースでのリボ払いとしてしまうとどうしても負担が大きくなります。かかる手数料は消費者金融でのキャッシングと同水準の利率ともなっているため、リボ払いは使いすぎれば返済負担が大きくなるのも当然です。

 

負担が大きなリボ払いも、使ってしまったのであればその通りに支払いを進めて返済をしていくしかありません。カードを使ったのは自分自身であり、計画的な利用をしなかったのが悪いと反省をしながら大きな負担での毎月の返済を行う必要があります。

 

ただ、それでもリボ払いの大きな負担のまま完済に向けて支払わなければならないわけではありません。リボ払い自体はもちろん返済の必要がありますが、借り換えを行って大きなリボ払いの負担から軽い返済負担のカードローンに借り換えることも可能です。

 

借り換えであればリボ払いでのカード利用は一旦全て完済をし、その後の返済はカードローンの利用先へとなるので毎月の返済金額や利息の払いなど、負担が軽くなる可能性があります。リボ払いからの借り換えに人気の低金利で借りられる銀行カードローンを使えば、さらに軽い負担で利用ができるようにもなります。

 

銀行などの金融機関の中には借り換えに対応をしていないカードローンもあるので、利用を検討する際にはまずは借り換えとして使えるかを見ておく必要があります。多くのカードローンの中でもオリックス銀行カードローンならリボ払い借り換えとしての利用に人気が高いので、毎月のリボ払いの支払いが重いと感じる方は詳しい情報を見ておくと良いです。

 

オリックス銀行カードローンなら契約後の利用も提携ATMの手数料が終日無料となるので、リボ払いの借り換えとしてはもちろんですが、普段のカードローン利用としても頼れる借り入れ先となっています。